山梨県看護連盟は、看護協会の目的を達成するための政治団体として誕生し、法律の制定や改正・労働条件・看護教育の改善などに大きく貢献しています。

qrcode.png
http://yamanashi-kangorenmei.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

山梨県看護連盟
〒400-0807
山梨県甲府市東光寺二丁目25-1
TEL.055-224-1578
FAX.055-224-1761

───────────────

 

活動・研修報告

 

2020年度通常総会中止のお知らせ

2020年度通常総会中止のお知らせ
 
 山梨県看護連盟は、2020年度通常総会を5月30日に人数制限をして開催する予定で準備をしておりましたが、新型コロナウイルス感染が日に日に蔓延しており危険極まりない、役員会で協議した結果、通常総会は中止することが最善であると決議致しました。しかし、規約第5章19条では「総会は山梨県看護連盟の運営に関する事項を決議する。次にあげる事項は、総会の議を経なければならない。2項、規約、3項決算、4項予算、5項事業計画、6項役員の選任、6項役員会で総会で決議を要すると認めた事項等の規定がございます。
 規約上は書面決議の定めはございませんが、代議員(施設看護代表者、施設幹事、支部長、幹事長)の書面決議をお願いすることになりました。
 関係者には、5月30日前後に通常総会の冊子と承認の賛否書を送付させて頂きます。宜しくお願い致します。
 

リーダ研修 講師 五反分正彦氏

リーダ研修 講師 五反分正彦氏
 
 6月2日(土)13時~15時45分まで、看護教育研修センターにおいて「看護に関わる診療報酬改定」をテーマに、研修会を開催しました。講師は、石田まさひろ議員の政策秘書の五反分正彦氏で『私は診療報酬の話をするのは初めてです』と言っておりましたが、診療報酬が改訂される過程での「石田議員の取り組み」を関連付けて話して下さり、石田議員が常日頃言っていることと改訂との結びつきがよくわかり、改めて、石田議員の凄さを再認識できました。
 「認知症ケア加算」「一般病棟入院基本料7:1」の維持」「入院時支援加算」「療養病床の夜勤看護加算」等々、改訂にあたって「現場の状況」を熟知している石田議員だからこそ、改訂の必要性を説得できたのだと、五反分先生のわかりやすいお話を伺い納得すると同時に、代表議員のいることの大切さを参加者も実感して下さったと思います。
 
 
 

青年部活動

青年部活動
 
 青年部では、毎年ポリナビワークショップを開催して若手会員の政治に対しての関心を高める活動を行ってきましたが、実際アンケートでは20代会員の連盟活動への関心が薄い現状です。今後青年部は、来てもらう研修から出向く研修へシフトチェンジを行って行きます。病院・施設関係者の方で、出前研修を希望される方は、山梨県看護連盟に連絡を頂ければと思います。また山梨県青年部委員長浅野は、日本看護連盟青年部ワーキンググループの関東甲信越ブロックの代表として、今後の青年部の方向性を全国の仲間と話し合っています。山梨県看護連盟青年部これからもよろしくお願いいたします。
 
 

リーダー研修

リーダー研修
 
 7月21日(土)日本看護連盟前田幹事を講師に「リーダー研修」を行いました。
 若手は「政治に関心が薄い」傾向を踏まえ、リーダーが「そんな若者を理解」する機会とする。若者は「先輩諸氏の活動の積み上げを理解」する。更にHあ、情報の発信法としてSNSについて学ぶ。大変欲張った研修をしました。
 前田幹事の講義は、QRコードでSNSに入り込み、その場で参加者の意見を即、統計処理する。今迄にない講義形態で、参加意識が高まり、とても楽しい研修でした。
 
<<山梨県看護連盟>> 〒400-0807 山梨県甲府市東光寺二丁目25-1 TEL:055-224-1578 FAX:055-224-1761